縫製作業の風景

全て手作業でオーダーメイドの製品を仕立てるため、一寸の狂いも許されません。
仕事中は常に集中しており、気が抜けません。
しかし、休憩中はしっかりと息抜きをして、各個人が素晴らしい仕立ての一品を目指します。

縫製の流れ

工程1 反物の検品(検尺)

お預かりした反物の品質や素材の確認と、仕立てに必要な長さを持っているか長さを測ります。
品質の違いにより、次工程に影響がでます。

工程2 地直し

生地のゆがみを正しい状態に戻す作業です。

地直しを行う際、生地がどのような狂い方、曲り方をしているのかを見極めることが重要です。
それを踏まえて、繊維の種類などによって、どのような用具を使うのか、どのように直すのか、を決定します。
繊維の中でも、熱や湿気によって伸び縮みするものがありますので、地直しをする際は、繊維の特徴を知っておくことも大切とされています。

工程3 裁断

様々な工程を踏んで、裁断に入ります。
裁断は、大きく分けて「基本裁ち」と「追い裁ち」の2種類があります。
基本裁ちは、一般的な裁断方法で、反物の同じ耳の方に衿肩明を切るものです。
柄合わせ、傷、シミなどもなく、折り積りのまま裁ち切り,そのまま同一方向を後身頃にして標付けをします。
一方、追い裁ちは,耳の反対側に衿肩を切り他の部分も一方向きになるように,標付け、縫い合わせを行う方法です。
生地の種類、柄などによって、適した裁断方法があります。
基本裁ちは山繭、絞り、ビロード、絞織りといった、色が違って見えるものに適しており、追い裁ちは一方向き柄、片よせ柄に適しています。

工程4 ヘラ付け

柄合わせ、裁断の後は、寸法書を見て各部分に正確な寸法を記す、ヘラ付けを行います。
この作業は、縫い合わせを美しく仕上げるのに、重要な工程です。

工程5 基本縫い

いよいよ縫製に入ります。
袖・表身頃・裏身頃を縫い、最終工程に入っていきます。

まとめ

ここまでの工程を踏めば、後は仕上げ作業を残すのみです。生地の種類によって、適した仕上げ方法が存在します。
一般的に、木綿、麻は霧仕上げと呼ばれる方法が適しています。
霧仕上げは、折り目・袖口・裾にアイロンをかけてから、霧を吹き、たたんでから押し(プレス)を施します。
さらに、こじわを取るため、プレスをかけた後、アイロンをかけます。
また、絹布、合繊類,交織物はアイロンをメインとした仕上げ方法が適しています。
しかし、場所によっては、霧や水を含ませた布を使うのも、よいとされています。
アイロンをかける際も、お客様からお預りしたお着物・反物などを傷つけないように、丁重にお取り扱いしております。

仕上げ

最後は、寸法の確認、細部のチェック、検針機を使って、着物の中に針が混入していないかを検査し、全ての工程は終了いたします。
以上で、着物のお仕立ては終了します。
また、コートや着物のスナップ類に関しては、絹物に直接金属が触れないように、できる限り布でくるむなど、より優れたお仕立てを行うべく、様々な工夫をしています。
新和(しんわ)
【和服・着物縫製業/和裁教室/プロ和裁技能士】
東京都練馬区豊玉北5-7-10
TEL 03-5999-2299
西武鉄道池袋線・豊島線・西武有楽町線、都営地下鉄大江戸線「練馬駅」より徒歩4分。
Copyright (C)新和. All Rights reserved.
スマ-トフォンサイトを表示する